賃料が安くて立地もいい賃貸物件の特徴は何?

一般的には好立地の場合には賃料が上がる

魅力的な立地でありながらも賃料が安い物件があれば良いのにと思う人は大勢います。好立地にある物件は一般的には賃料を高めに設定してあるため、なかなか賃料が安くて立地のいい物件は見つからないのが実情です。同じ地域で同じような間取りや設備などが整っている物件を比較してみると、駅に近くて移動しやすかったり、ショッピングモールが近くにあって買い物が楽な環境だったり、オフィス街や学校の近くで通勤や通学がしやすかったりすると付加価値があるので賃料が高くなるのです。そのため、一般的に好立地と呼ばれるところで賃料が安い物件を見つけ出すのは困難だと考えましょう。それでは、安くて立地もいい賃貸物件とはどのようなものなのでしょうか。

自分にとっては都合が良い立地の物件を探そう

立地がいいかどうかは個人によって異なるということは忘れてはなりません。ある大学に近いのはその大学に通う大学生にとっては好立地ですが、学生がいない家庭にとっては特にメリットはないでしょう。駅近の物件は誰にとっても魅力的だと考えられがちです。しかし、電車を全く使わず、自家用車で遠くまで買い物などに行くのも気にしない人の場合には駅近である意味はほとんどありません。このような場合には駅から遠く離れていても問題はなく、むしろ駅から離れていた方が電車や雑踏の音がしないので魅力的と感じるでしょう。一般的に好まれていて付加価値が付いている立地条件は誰もにとって魅力的だとは限りません。その条件をいくつか満たしていないけれど、自分にとっては魅力的な立地だと言える物件が本当に賃料が安くて立地も良い物件です。