賃貸物件にロフトがあるとお得なの?

賃貸物件のロフトとは?

ロフト付きの物件と聞くと、ワンルームや1Kであっても、はしごを登った先にもう一室使用できるスペースが併設されているため、お得に感じる人も多いのではないでしょうか。

それでは、ロフト付き物件はお得と言えるのでしょうか。

ロフト付き物件のメリットには次のようなことが挙げられます。
・ロフトがあることで、天井高が通常より高くなり部屋全体に開放感が生まれる。
・ロフトを寝室や趣味部屋とする場合には、空間が分離できるため、暮らしにメリハリをつけられる。
・所有するものが多い人にとっては、広めの収納空間として活用することができる。

開放的な空間に暮らしたい人や所持品が多い人などにとって、ロフトはお得と言えるかもしれません。
それでは、それぞれ見ていきましょう。

ロフト付き物件のメリット

まず、ロフト付き物件は、通常のワンルームや1Kの間取りの部屋に比べて、開放感を感じることができる部屋が多いです。
ロフト部分のスペースの分、広くなったということもありますが、天井高が通常よりも高くなることが大きいでしょう。
広々とした空間で過ごしたい人にとっては快適な間取りと言えるでしょう。

また、空間を用途によって分けたいという場合には、ロフトも居住スペースにし、上下の部屋を使い分けるという暮らし方もできます。
「寝室は独立させたい。」「別途、勉強部屋をつくりたい」という場合などには、ロフトにチャレンジしてみるのも手でしょう。

最後に、居住スペースとしての利用を考えていない場合の有効な活用方法としては、収納スペースとしての活用が挙げられます。
ロフトを上手に活用して、所持品や洋服などをしまっておけると、そのほかの居住スペースをスッキリさせ、生活感を出さない暮らしも実現できるかもしれません。