賃貸物件の1Rと1Kってどんな違いがあるの?

1Rはキッチンまでつながった広々空間

1Rはワンルームと読みますが、文字通りひとつの部屋を意味します。通常賃貸住宅には部屋以外にも玄関・バスルーム・トイレ・キッチンがついていますが、キッチンと部屋の間に仕切りがないものを1Rと呼びます。
したがって、10畳の1Rの場合は10畳の部屋があるのではなく、キッチンと部屋の広さを合計して10畳ということになります。また、稀に玄関から部屋までドアなどの仕切りがまったくない間取りの賃貸住宅もありますが、この場合は玄関から廊下やキッチン、部屋まで仕切りのない空間をすべて含めた広さが10畳という意味です。
視界を遮る仕切りがないので実際よりも広く見えて家賃も1Kより安めですが、空間が広いために冷暖房が効きにくい、キッチンの匂いが気になる、というデメリットもあります。

1Kは個室に独立したキッチンがある

1Kはワンケーと読みますが、1つの部屋にキッチンが別になっている間取りを意味します。1Rではキッチンと部屋がつながっていましたが、1Kは部屋とキッチンの間がドアで仕切られています。たまにキッチンと部屋の間の仕切りが壁やドアでなく、アコーディオンカーテンになったものがありますが、この場合は1Kではなく1Rです。 部屋とキッチンがそれぞれ独立しているので玄関から部屋が見えることはありません。宅配業者などが来ても部屋の中は見えないので、プライバシーを重視したい人に向いています。また、キッチンが独立しているので服に匂いがついてしまう心配もありません。 部屋は小さめの間取りが多いのですが、冷暖房が効きやすいので室温調節をしやすいメリットがある一方で、家賃は1Rと比べるとやや高めというデメリットもあります。

札幌北区の賃貸の特色はいかに雪に強い環境が整っているかです。床暖房や断熱素材に優れた建物である物件を取り扱っています。